ほうれん草の効用・効能

Pocket

hourenso

ほうれん草といえば、ポパイの缶詰を思い出す人がいるほど、栄養豊富な野菜のイメージが強いものです。実際、ほうれん草には、ビタミンA、Bl、B2、B6、C、鉄分、マンガンなど主に血液を造るための成分がたくさん含まれているのです。これぞ緑黄色野菜の代表といえましょう。

もちろん、薬効をみても優れた効用があげられています。主な薬効には、血液を補い、貧血に効く作用があること。また、胃液、唾液の分泌を促す物質を含んでいますから、消化機能を高める働きがあります。体力がなく疲れやすい人、虚弱体質の人の体質改善に効果的です。また、食物繊維が多いことから、便秘にも効用があります。さらに、ビタミンAとCは、粘膜を丈夫にする働きがありますから、風邪などによる細菌の抵抗力を高める作用もあります。

ただ、ほうれん草には、シュウ酸が含まれています。これはあくの成分で、身体の中に入るとカルシウムと結びつき、水では溶かすことのできないシュウ酸カルシウムとなります。身体にいいからといって、あまりたくさん食べすぎると、膀胱や腎臓に結石を作ることがあります。といっても、一日3kgの量をとった場合のことですから、通常の量を食べることが大切です。

シュウ酸を除くためには、ゆでてあく抜きをすることですから、できるだけおひたしやあえ物などで食べるのが効果的でしょう。

貧血に常夜鍋
鉄分の多いほうれん草は、貧血に効果がありますので、貧血ぎみの人はつとめてとることですが、吸収率があまりよくありませんので、食べ方に工夫が必要です。肉類と一緒にとるのがコツなのです。豚肉の常夜鍋などにしてはいかが。一度熱を通しますので、量も多く食べられ、効果的です。

たばこをよく吸う人は青汁を飲む
最近のほうれん草の効能として、抗酸化作用が注目されてきました。ビタミンAであるカロチンを多く含んだ野菜を食べると、たばこなどによる発ガン性物質の毒性が軽減される、という効能なのです。

でも、ほうれん草だけで毒性が少なくなるかどうか不思議ですが、たばこが好きなのにガンが心配という人は、試してみてはいかがでしょうか。

いつものようにおひたしもいいのですが、たまには青汁を飲むのもいいでしょう。ほうれん草500gをさっと湯通しして、それをガーゼに包み、しぼり汁をとり、それを飲むのです。たばこを吸う人の粘膜を保護する効果があります。

便秘におひたし
食物繊維が多いので、腸の働きが弱く便秘がちな人には、常食することをおすすめします。特に、ゆでたほうれん草に、ごま油と酢をからめたものは常習便秘に効果ありといわれています。一日、二日ではなく、長く食べ続けることが便秘解消になるでしょう。

高血圧にはごま油いためを
ほうれん草に含まれているカリウムが高血圧にも効用をもたらしてくれます。ゆでて、さらにごま油でいため、これを毎日食べましょう。高血圧だけでなく、頭痛、めまいにも効用があります。

一緒によく読まれている記事

  • 大根の効用 ・効能大根の効用 ・効能 昔(?) の大根には、青々とした葉っぱがついていましたが、八百屋さんのものでも、最近では、葉が半分落とされた姿で売られています。特にスーパーでは一本ではなく、半分や1/3のものが売られて...
  • かぼちゃの効用・効能かぼちゃの効用・効能 かぼちゃはカロチンが豊富、ビタミンB1、B2、Cも多く含んでいます。それにカルシウム、鉄分などのバランスもいいのです。特にカロチンはビタミンA効果を持つ色素で、粘膜を強化し、風邪を予防す...
  • ピーマンの効用・効能ピーマンの効用・効能 ピーマンは栄養面ではかなり優れた野菜なのです。ビタミンAとCが豊富で、Cはレモンの2倍近くを含んでいます。その他には、ビタミンB1、B2、D、P、鉄分、カルシウムもあります。 ピーマン...
  • レタスの効用・効能レタスの効用・効能 レタスはその昔、〝ちしゃ″ と呼ばれていました。それは、乳草という意味とのことですが、茎葉の中に乳状の液体があり、これが乳に似ているのでつけられたようです。また、学名もラテン語では〝乳″...

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Top